急性中耳炎(Acute otitis media)…

急性中耳炎(Acute otitis media)は、一番多い中耳炎で小さな子供によく発症する病気です。激しい耳痛や38℃台の発熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などのいろいろな症状がみられます。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎは皮膚の病気を招くとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で日サロを利用することの禁止を先進国に求めている最中です。

BMI(体格指数)の計算式はどの国でも同じですが、BMI値の評価基準は国によってそれぞれ異なっていて、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI値22を標準体重とし、25以上を肥満、BMI18.5未満の場合は低体重としているのです。

天然の化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている化学物質が、肝臓に存在している解毒酵素の順調な製造活動を促進しているかもしれないという新たな可能性が明らかになってきました。

気分障害のうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りず、不眠、強い憂うつ感、著しい疲労感、食欲の低下、焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の症状が現れ、2週間以上続きます。

高血圧(hypertension)が長期間続くと、血管に強い負担がのしかかり、身体中の色々な場所の血管に障害が発生して、合併症になってしまう見込が高まるのです。

肝臓を健康な状態にキープし続けるためには、肝臓の有害物質を分解する作用が衰えないようにすること、分かりやすく言うと、肝臓の老化を食い止める対策をおこなうことが効果的だと言われています。

脳内のセロトニン神経は、自律神経を調節したり痛みを鎮圧し、分泌物質の覚醒などをコントロールしており、気分障害(うつ病)の患者ではその働きが低減していることが判明している。

肥満の状態というのは当然摂取する食物の種類や運動不足などが素因ですが、量の変わらない食事をとっていても、慌てて食べ終わる早食いをすることにより肥満(obesity)の状態を招く可能性があります。

体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に役立つ糖質、細胞の生まれ変わりに必須のタンパク質など、過度のダイエットではこれらのように様々な活動を維持するために外すことができない要素までも乏しい状態にする。

HMSの調査結果によれば、一般的なコーヒーと比較して1日2杯よりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーに変えることで、直腸ガン発症率を半分も減らせたとのことだ。

下腹部の激しい痛みを主訴とした疾患には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気などが真っ先にみられます。

クモ膜下出血(SAH)とはその8割以上が脳動脈瘤と呼ばれる脳の血管のコブが破裂してしまう事が要因となってなってしまう致死率の高い病気なのです。

暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、人間関係などのストレス、高齢化など多様な素因が合わさると、インスリン分泌が鈍化したり、働きが鈍化したりして生活習慣病に属する2型糖尿病に罹患することになります。

平成17年2月より新たに全ての特定保健用食品の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった日本語の文章のプリントが食品メーカーの義務となった。

爪の生成行程はまるで木の年輪のように刻まれるという…

爪の生成行程はまるで木の年輪のように刻まれるという存在であることから、その時点の体調が爪に反映されやすく、毛髪と等しくすぐに目に入って気付きやすいので健康のバロメーターとも言われているようだ。

肌の透明感を作り出すターンオーバー、即ちお肌を生まれ変わらせることが出来る時間帯というのは実は決まっていて、夜半眠る時だけだそうです。

よく女性誌や美容の本には、顔が小さくなる、肌がきれいになる、ダイエットできるし、毒素の排出、免疫力の向上などなど、リンパの流れを整えればすべてのことが大成功!という楽天的な謳い文句が軒を連ねている。

幅広い年代の女性に親しまれているピーリングとは、老化してしまった要らない角質をピール(peel:皮を剥くの意味)することにより、新しくてダメージのない肌(角質)に入れ替えるという美容法なのです。

そうした場合に多くの皮膚科医がまず使用するのが、ビタミンC誘導体。外用抗菌薬と一緒に使えば6ヶ月くらいでほぼ完治に持ってくることができた症例が多いとのことだ。

本来28日周期のターンオーバーが狂いがちになると、様々な肌のエイジング現象やトラブルを招きます。顔や首筋のしわ・濃くなっていくしみ・顔色の冴えないくすみ・隈・たるみ・ニキビ・乾燥など、書きだしてみたらキリがないほどです。

更に日々の生活のストレスで、メンタルな部分にまで毒は山のように溜まってしまい、同時に身体の不具合も起こしてしまう。このような「心身ともに毒だらけ」というような感覚こそが、多くの現代人をデトックスに駆り立てるのだ。

ネイルケアというものは、爪や手指などのお手入れ全般を指す。ヘルスケア、ビューティー、医療、生活の質(quality of life=QOL)の保全など多くのシーンで活躍しており、ネイルケアは確立された分野の一つとなっているのは自明の理である。

頬ほっぺたやフェイスラインの弛みは老けて見られてしまう主因に。皮ふの張りや表情筋と呼ばれる筋肉の衰退が弛みにつながりますが、実をいうと日々の暮らしにおけるちょっとした癖も原因のひとつです。

デトックスというワードはさほど目新しいものではないが、これはあくまでも健康法や代替医療に過ぎないもので、治療行為とはまったく違うということをわかっている人は意外なほど少ないようである。

コラーゲンというものは、空から降り注ぐ紫外線をもろに浴びてしまったり物理的なダメージを繰り返し受けたり、精神的なストレスが澱のように溜まったりすることで、組織を破壊され、終いには製造することが難しくなっていくのです。

今を生きる私達は、日を追うごとに体内に蓄積されていくという怖い毒素を、様々なデトックス法を試みて外に出し、ワラにも縋る想いで健康になりたいと努めている。

デトックス法とは、専用の栄養補助食品の服用や岩盤浴などで、これらの体の中の有毒な成分をできるだけ体の外へ出そうとする技術の事を指しているのだ。

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)を塗り薬の力だけで良くしようというのは残念ながら無理があります。生活習慣や楽しいことなど暮らしすべてのルールまで把握する処置が重要です。

メイクアップではアザなどを目立たなくすることに主軸を据えず、リハビリメイクを通じて最終的には患者さんが自分の外見を受容して、復職など社会復帰を果たすこと、加えてQOL(クオリティーオブライフ)を向上させることを目的としています。

真正細菌のひとつである結核菌は、人間が「せき」をす…

真正細菌のひとつである結核菌は、人間が「せき」をすることで室内や外気に放出され、空気中にふわふわ浮かんでいるのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことによって次々に感染します。

体脂肪の量はさして変化がみられず、体重が飲み食いや排尿などによって短時間で増減する際は、体重が増えた人の体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減った人の体脂肪率が上がることがわかっています。

現在の手術室には、レストルームや器械室(apparatus room )、準備室を用意し、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を備え付けるか、そうでなければ近辺にX線装置の専門室を設置しておくのが常識だ。

脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みの鎮圧、様々な器官の覚醒などをコントロールしており、大鬱病の患者さんはその作用が弱いことが明らかになっているのだ。

音楽の公演の開催されるホールやディスコなどに設置された大音量スピーカーの真正面で大音量を聞いて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響外傷」と呼んでいるのです。

吐血と喀血、両方とも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というのは咽頭から肺に達している気道(きどう、呼吸器の一種)から出血することで、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上にある食道などの消化管から血が出る病状を言い表しています。

30才から39才までの間に更年期になるなら、医学的な用語で表現すると「早発閉経(early menopause)」という病のことを指します(我が国の場合は40才未満の女の人が閉経することを「早期閉経(premature menopause)」と言っています)。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、有害な紫外線A波の無理な浴び過ぎは肌に健康障害を招く可能性が高いとして、19歳未満の人が肌を黒くする日サロを利用することの禁止を主に先進国に提案しています。

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために働く色々な酵素や、細胞や組織の生まれ変わりに必要な酵素など、約200種類以上ある酵素を構築する要素として絶対に欠かせないミネラルだといわれています。

我が国における結核対策は、1951年に制定された「結核予防法」にならって推奨されてきましたが、56年後の平成19年からは数多くある他の感染症とひとくくりにして「感染症予防法」という法律に準拠して行われることに決定したのです。

規則正しい穏やかな生活の継続、腹八分目を忘れないこと、楽しいスポーツなど、古典的とも思える体への留意がお肌の老化防止にも活用されるのです。

高血圧(hypertension)が長期間継続すると、全身の血管に強い負担となり、身体中至る所の様々な血管にトラブルがもたらされて、合併症を起こす可能性が高まると言われています。

基礎代謝というのは人間が横臥位でじっとしていても使用するエネルギーのことで、その大部分を体中の骨格筋・内臓の中で最も大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で消費しているとのことです。

不整脈である期外収縮は、特に病気ではなくても症状が起こることがあるためさほど逼迫した心臓病とは限らないのですが、短期間で発作が絶え間なく起こるケースは楽観視できません。

「ストレス」というものは、「無くすもの」「除去すべきもの」と捉えがちですが、実を言うと、私達は大小のストレスを抱えるからこそ、生き延びることができています。

ポリフェノール最大の特長は水溶性のビタミンCやトコ…

ポリフェノール最大の特長は水溶性のビタミンCやトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、更に細胞膜でも酸化を遅れさせる作用をいかんなく発揮するのです。

吐血と喀血、両方とも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血の方は咽頭から肺に続く気道(呼吸器のひとつ)からの出血のことで、吐血というものは十二指腸より上にある消化管から出血する病状を表しているのです。

悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、通常ならば人の身体をガンから護る働きを持つ物質を作り出すための型である遺伝子の異常が原因で発症してしまうと言われています。

脚気(beriberi)の症状は、主に手や足が無感覚になったり脚の著しい浮腫などが代表的で、進行すると、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを誘発することがあります。

肥満というのは勿論あくまで摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足が誘因ですが、同じボリュームの食事だったとしても、あっというまに終了する「早食い」を続けたならば体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。

トコトリエノールの効果としては酸化を防ぐ作用が一番有名ではありますが、この他に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの産生を抑えることが認められています。

うつ病は脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、気分の落ち込み、不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の様々な症状が見られるのです。

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では大体「大動脈バルーンパンピング法」に加えてグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植手術」の両方の術式が熱心に導入されています。

WHO(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-A波のデタラメな浴び過ぎは皮ふ病をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使う行為の禁止を強く世界中に求めています。

「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、体内における脂肪の付いている率のことを言い、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量÷体重(body weight、キログラム)×100」という計算によって算出することができます。

日本における結核対策は、長年、1951年に施行された「結核予防法」に従う形で進められてきましたが、56年後の2007年から多くの感染症と一まとめにして「感染症新法」に準拠して行われる運びとなりました。

グラスファイバー製ギプスは、非常に強靭で軽いのにとても持ちが良く、水に濡れてしまってもふやけないというメリットがあるため、いまの日本のギプスの中でも主流でしょう。

ともすると「ストレス」は、「溜めないようにするもの」「排除しなければいけない」と敬遠しがちですが、実際は、我々は様々な場面でストレスを感知するからこそ、生活することができています。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、3~4日くらいちゃんとお薬を飲めば、普通、90%近くの患者さんの自覚症状は無くなりますが、食道の粘膜の炎症反応自体が癒えたとは断定できないのです。

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森の杉やヒノキ、ブタクサなどの草木の花粉が素因となって、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などの色々なアレルギー症状を起こしてしまう病気として日本人に定着しています。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは睡眠中ではない…

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは睡眠中ではない状態で命を維持していく(心臓、口からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張の維持等)ために必要となるミニマムなエネルギー消費量の事を指しているのです。

下腹の激しい痛みを特徴とする主な病には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵管の疾患などの病名が挙げられます。

もしも血液検査で現在エストロゲンなどの分泌量が基準値を下回っていて早発閉経(そうはつへいけい)と判明した場合は、その女性ホルモンを補ってあげる医術などで改善が望めます。

大多数の人に水虫=足、ことさら足の裏に現れる病気だと勘違いされやすいのですが、白癬菌が感染する部位は決して足しかないわけではなく、全身どこにでもうつってしまう可能性があるので気を付けましょう。

ピリドキサミンは、色々なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギー源を燃やすのに必要となる重要な回路に取り込ませるためにより化学分解することを補助する作用もあります。

チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果によると、成人と比較して体の小さい未成年のほうが風に流されてきた放射能の害を受容しやすくなっていることは明らかです。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常が主因で出る湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす因子としては男性ホルモンと女性ホルモンの不均衡やナイアシンなどビタミンB群の不足等が大きいと言われているのです。

収縮期血圧140以上の高血圧が継続すると、体中の血管に強い負担がのしかかり、頭のてっぺんから足の爪先まであちらこちらの血管にトラブルがもたらされて、合併症を併発するリスクが高まります。

塩分や脂肪の大量摂取は控えて手ごろな運動に努めるだけでなく、ストレスを感じすぎないような暮らしを続けることが狭心症の誘因となる動脈硬化を予め防止する方法だといえます。

自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を保持しない普通の人でも取り扱える医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスに沿って対応することで、心臓の心室細動の緊急処置の効き目を実現します。

スマホ使用時の細かなちらつきを軽減させるPC専用のメガネが殊更人気を集めている訳は、疲れ目の改善に大勢の方々が苦労しているからだと思っています。

ただの捻挫だと決めつけてしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングで動かないように固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を済ませてからただちに整形外科でレントゲンを撮ることが、結局は根治への近道に繋がるのです。

杉花粉が飛散する3月前後に、幼い子どもが体温は平熱なのにしょっちゅうクシャミしたり水のような鼻水が止まってくれない状態なら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性があるでしょう。

強い痛みを伴うヘルニアというのは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間でクッションに近い役目をする椎間板(ツイカンバン)という名称のやわらかい円形の線維軟骨が飛び出した症例を称しているのです。

外から眺めただけでは骨折したかどうか判別できない場合は、負傷した所の骨を弱い力で突いてみて、もしその箇所に強烈な痛みが響けば骨が折れているかもしれません。

慢性的な寝不足はお肌にどんな悪影響をもたらすのかお…

慢性的な寝不足はお肌にどんな悪影響をもたらすのかお分かりですか?その代表のひとつは肌のターンオーバーの乱れ。皮ふの入れ替わるサイクルが遅れてしまうのです。

特に夜22時~2時までの240分間はお肌のゴールデンタイムと呼ばれ、お肌の新陳代謝が一層活発な時間帯です。この夜10時から深夜2時の間に良質な睡眠をとることが一番良い美容術だといえます。

メイクアップのメリット:新製品が出た時の幸せ。素顔とのギャップに楽しさを感じる。多種多様なコスメに投資することでストレスを解消される。化粧そのものに楽しさを感じる。

顔の加齢印象を与える重大な原因の一つが、歯の”蓄積クスミ”です。歯の表側の層には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、暮らしの中でコーヒーなどによる着色やタバコのヤニ汚れが付きやすくなります。

肌の乾燥によるかゆみの原因の大方は、老化に縁る角質層の細胞間脂質と皮脂の量の下落や、洗顔料などの過度使用に縁る皮膚のバリヤー機能の消滅によって出現します。

よく女性誌や美容の本には、小顔になる、肌がきれいになる、痩身効果があるし、デトックス作用、免疫力アップなど、リンパ液の流れを整えればすべて思い通り!という魅力的なフレーズが並んでいる。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を配合している美肌水は皮ふに優しく、ドライスキンの方に適しています。防腐剤や芳香剤等の余分な成分を利用しておらず、皮ふの敏感な人でも使えます。

ことに夜22時~2時までの240分間は肌のゴールデンタイムと言われ、肌の新陳代謝が更に盛んになります。この時に良く眠ることが何よりの肌の手入れ方法だといえるでしょう。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、体に損傷を被った人のリハビリテーションに等しく、顔や体の外観に損傷を被った人がもう一度社会に踏み出すために修得する技という意味を持っています。

私たちが「デトックス」に惹かれる最も大きな理由は、我々が暮らしている環境の汚さだ。大気や土壌は化学物質で汚され、コメや野菜などの食物には化学肥料や有害な農薬が多く含まれていると実しやかに囁かれている。

下まぶたの弛みの解消・改善法で効果的なのは、ずばり顔面のストレッチ体操です。顔面にある表情筋は意識していなくても固まってしまったり、精神の状態に左右されていることが頻繁にあるようです。

メイクアップでは傷などを隠す行為に専念するのではなく、メイクを通じて結果的に患者さんが自らの容貌を認めることができ、復職など社会復帰を果たすこと、かつQOL(クオリティーオブライフ)を更に高めることが理想なのです。

頭皮の具合が悪くなる前にきちんとケアして、スカルプの健康を維持する方がよいでしょう。状況が悪化してからお手入れを始めたとしても、その改善には時間を要し、加えてお金も手間も必要です。

女性たちが「デトックス」に興味を抱く理由の一つに挙げられるのは、我々日本人が暮らしている環境の汚染だ。空気や土壌は汚染され、野菜や果物などの食物には作用の強い化学肥料や危険な農薬がふんだんに使用されていると噂されているのだから無理もない。

下まぶたにたるみが現れた場合、男女を問わず全ての人が本当の年齢よりも4~5歳は老けて見えることでしょう。顔の弛みは数多くありますが、中でも目の下は一番目立つ部位です。

美容外科(Cosmetic Surgery)という…

美容外科(Cosmetic Surgery)というのは、人間の体の機能上の欠損や変形部の矯正よりも、専ら美意識に従って人間の身体の外見の改善を重視するという医学の一種であり、自立している標榜科だ。

日本の医療全般がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)重視の傾向にあり、経済の発達と医療市場の拡大もあって、美容外科(Cosmetic Surgery)は最近人気のある医療分野なのだ。

指で押しても戻る皮ふのハリ。これを作り出しているのは、あのコラーゲン、すなわちタンパク質です。スプリング役のコラーゲンが確実に肌を持ち上げていれば、たるみとは無縁というわけです。

今を生きる私たちは、一日毎に体に溜まっていくという悪い毒を、色んなデトックス法を使って外に出し、藁にも縋る想いで健康体を手中に収めようと必死になっている。

アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー症状と関わっているものの中でもお肌の慢性的な炎症(痒み等)を認めるもので皮膚過敏症の一つだ。

歯の美容ケアが必須と思う女性は確かに増えているが、実際にやっている人はそんなに多くはない。その理由としてもっとも多いのが、「自分一人ではどのように手入れしたらよいかいまいち分からないから」という思いらしい。

たとえば…あなたは今、PCを見ながら頬杖をついているとします。実はこのクセは掌の圧力をダイレクトに頬へ伝えて、お肌に対して大きな負担をかけることになります。

患者はそれぞれ一人一人お肌の性質は違いますし、先天性のドライ肌なのか、それとも生活習慣など後天的なものによる乾燥肌なのかに応じて対応方法が大きく異なってきますので、想像以上に注意を要するのです。

湿疹などに悩まされるアトピー性皮膚炎の主因としては、1.腸内や表皮、肺や口腔内などにおけるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な原因、3.栄養面でのトラブル、4.環境面での原因、5.1~4以外の見方などを列挙できる。

ここ10年で一気に浸透したネイルケアとは、爪や指先のお手入れ全般を指す。ヘルスケア、美容、巻き爪対策など医学的な処置、生活の質の保全というような多種多様な捉え方が存在し、既にネイルケアは一つの確立された分野と言っても過言ではない。

多くの人々が「デトックス」の虜になってしまう理由の一つに挙げられるのは、私たちが暮らしている環境が汚れていることにある。大気や土壌は化学物質で汚染され、野菜や果物などの食物には作用の強い化学肥料や農薬が多くかけられていると喧伝されている。

内臓矯正というものは近くの筋肉や骨が原因で位置が合っていない臓器を本来あった場所に返して臓器の機能を元通りにするという治療法です。

硬直した状況下では血行が良くなるはずがありません。挙句、目の下等顔中の筋繊維の力が衰えてしまいます。そこで顔中の筋繊維も十分にストレッチをして時折緊張をほぐしてあげることが大事です。

皮膚のターンオーバーが滞ってしまうと、色々なお肌の老化現象や肌トラブルが出現するようになります。ほうれい線などのしわ・濃くなるシミ・顔色の冴えないくすみ・隈・弛み・嫌な吹き出物・突っ張るような乾燥など、言い出せばキリがないほど大変なことになります。

デトックスという言葉そのものはそんなに目新しくはないが、結局は「健康法」や「代替医療」のひとつとして考えていて、医師が施す治療行為とは異なるということを把握している人は意外と

トコトリエノールの機能としては酸化を防ぐ作用が殊に…

トコトリエノールの機能としては酸化を防ぐ作用が殊に認識されていると思いますが、この他に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりするということが認められています。

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、数日きちんと服薬すれば、全般的に90%近くの人の自覚症状は消え去りますが、とはいえ食道粘膜の腫れや発赤などの炎症が完全に治癒したわけではないので注意が必要です。

人間の耳の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3種類に大別できますが、中耳の部分に細菌やウィルスが付着して炎症が発生したり、液体が溜まる症状を中耳炎と称しているのです。

一見すると「ストレス」というものは、「溜めないようにするもの」「除外しなければいけない」と捉えがちですが、実際は、ヒトは多種多様なストレスを抱えるからこそ、活動し続けることが可能になるのです。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気ではなくても症状が現れることがあるので緊急の心臓疾患とは限らないのですが、発作が何度も継続して起こる時は楽観視できません。

緊張型頭痛とはデスクワークなどでの肩こり、首筋の凝り、張りが因子の最も多いタイプの慢性頭痛で、「締め付けられる激しい頭痛」「頭が重いような鈍い頭痛」と言われることが多いようです。

下腹の痛みを起こす病気の代表格として、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、女性特有の病気など、様々な部位の病気が挙がります。

「いつも時間に追われている」「面倒くさいいろんな付き合いが嫌で仕方がない」「あらゆる技術やインフォメーションの著しい進歩に付いていくのが大変」など、ストレスを感じてしまう原因は十人十色です。

脂溶性のV.D.は、カルシウムが体内に吸収されるのを支える特徴が特に認知されており、血液の中のカルシウムの濃度を操作し、筋繊維の機能を微調整したり、骨を作り出します。

触れ合うことで、患者さんがセラピードッグをとても愛おしく思うことによってホルモンのオキトキシンが分泌された結果、ストレスを減らしたり心の癒しなどに繋がっているのです。

脂肪過多に陥っている肥満は当たり前のことながら食事内容や運動不足などが誘因ですが、内容量は変わらない食事であっても、かきこむように食べ終わる早食いをすることにより肥満の状態を招きます。

鍼灸用のはりを刺してもらう、という直接的な幾多の刺激が、神経細胞を活発にして、神経インパルスという名前の電気信号の化学伝達を誘引すると考えられているようです。

悪性の腫瘍である卵巣ガンは、普通ならば体を癌から守る役割を果たす物質を産出するための鋳型のような遺伝子の異常により発生してしまう病気だというのは周知の事実です。

ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が失われてしまった後に購入できる、新薬とまったく同じ成分で経済的負担を抑制できる(薬の代金が安い)後発医薬品そのものです。

花粉症というのは、森林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの虫によって媒介されない花粉が元凶となり、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気として広く認識されています。

皮ふのサンバーンによって発生したシミをなんとか目立…

皮ふのサンバーンによって発生したシミをなんとか目立たなくさせようとするよりも、発生しないようにあらかじめ防護したり、お肌の奥に潜んでいるシミの卵をシャットアウトすることの方が大事だということを知っていましたか。

メイクの悪いところ:泣いた時にあたかも阿修羅のような怖い顔になる。うっかり間違えても下品になって自爆してしまう。顔の造形をごかますのには限界を感じること。

アトピーというのは「場所が特定されていない」という意味を持つギリシャ語の「アトポス」を語源としており、「何かしらの遺伝的な因子を保有している人に症状が出る即時型アレルギー反応に基づく病気」に対し名付けられたのだ。

アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)を塗り薬だけで完治させようというのには無謀な事だと言わざるを得ません。生活習慣や楽しいことなど暮らし全般の捉え方まで共有するような処置が必要となります。

よく耳にするピーリングとは、老化してしまった要らない表皮を専用化粧品などでピール(peel:皮をはぐの意味)し続けることによって、生成されたばかりの若くて美しい表皮に入れ替え、ターンオーバーを促す効果の出やすい美容法です。

残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に至るスポーツ中継・翌日の子どものお弁当にご飯の準備…。お肌が荒れるというのは知っていても、実際は7時間もの睡眠時間を確保できない人が大半を占めるようです。

輝かしい歯を維持するには、歯を1本1本入念にブラッシングすることが大事です。キメの細かい泡と柔らかめのブラシを用いて、じっくりとケアを。

化粧の長所:自分の顔立ちをいつもより好きになれること。顔にたくさん点在する面皰跡・クスミ・毛穴・ソバカス・ひっかき傷等が上手に隠れる。徐々に魅力的になっていく高揚感。

アトピー主因:家族歴と以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)の内いずれか、若しくは複数)、IgE 抗体を生成しやすい原因、等。

どうにかできないものかと考えた挙句にやみくもにマッサージをする方がいるようですが、ことさら目の下の表皮は弱いので、こするように強く力任せの乱暴なマッサージは適しません。

寝る時間が短すぎると皮膚にどういうダメージをもたらすかご存知でしょうか?その代表格は新陳代謝が遅延すること。正常なら28日毎にある肌の生まれ変わる速さが遅くなります。

細胞が分裂する活動を活発にし、皮ふを再生する成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動している際には分泌されなくて、夕食を済ませてゆったりと体を休め穏やかな状態で出ると言われています。

その上に日々の暮らしのストレスで、精神にも毒素は山ほど溜まり、同時に体調不良も引き寄せてしまう。こうした「心身ともに毒まみれ」というような意識こそが、現代人をデトックスへと駆り立てるのだろう。

皮膚の新陳代謝が乱れると、色々な肌のエイジング現象や肌トラブルを招きます。老けて見られるシワ・目立つしみ・顔色の冴えないくすみ・くま・弛み・肌荒れ・乾燥など、言い出せばキリがないくらい大変なことになります。

この国において、皮膚が白くて黄ぐすみやシミが出ていない状態を良しとする習慣が相当古くから存在していて、「色の白いは七難隠す」ということわざがあるくらいだ。

ライブの開催されるホールや踊るためのクラブハウスな…

ライブの開催されるホールや踊るためのクラブハウスなどに置かれている非常に大きなスピーカーの真ん前で大きな音を聞き続けて耳が聞こえにくくなることを「ロック外傷」と呼んでいるのです。

下が90以上の高血圧が長期間継続すると、全身の血管に重いダメージがかかった結果、体中至る所の様々な血管に障害が発生して、合併症になる蓋然性が高くなると言われています。

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を悪くしたり変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の中で解毒し、肝臓の機能性をより強化する特性が認められているのです。

急性中耳炎(Acute otitis media)とは、最も症例の多い中耳炎で小さな子供に発症しやすい病気です。耳の痛みや38度以上の高熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などのさまざまな症状が出現します。

なんとなく「ストレス」は、「無くすもの」「排除すべきもの」と思われがちですが、実際は、私達は多少のストレスを体験しているからこそ、生き続けることが可能になります。

チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故のその後の後追い調査のデータからは、体の大きな成人よりも体の小さい子どものほうが飛来した放射能の悪い影響をより受容しやすいことが分かるのです。

めまいが出ず、長く続く耳鳴りと難聴の症状だけを数回繰り返すタイプのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メヌエル)病」という病名で診断する場合もよくあります。

万が一血液検査で事実上エストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも足りずPOF(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合は、不十分な女性ホルモンを補てんする処置方法で改善できます。

「肝機能の悪化」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の数値でモニタリングできますが、ここ数年肝臓の機能が悪化している現代人の数が増加傾向にあるとの報告がありました。

ジェネリックという医薬品は新薬の特許が無効になってしまった後に購入できる、新薬とまったく同じ成分で負担が少ない(クスリ代の高くない)後発医薬品のことを指しています。

バランスの取れた食事や体を動かすことはもちろん、肉体面と精神面の健康やビューティーアップのために、特に欲しい栄養を補うために様々な成分のサプリメントを飲用する事が常識的になっているのです。

下腹の強い痛みが主訴となる疾患には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、女性特有の疾患など、色々な病名が聞かれるようです。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手先や足先がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の著しいむくみなどが代表的で、症状が進んでしまうと、最悪のケースでは呼吸困難に至る心不全を誘引することがあるようです。

1回永久歯の周りの骨を溶かすまでに症状の進んでしまった歯周病は、悲しいことに炎症そのものが治まることはあっても、失ったエナメル質が元の量に戻るようなことはないでしょう。

不快な耳鳴りには当事者にしか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように当事者以外の人にも高性能のマイクロホンをあてたりすると響いているというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあるのです。