普通ならば骨折は起こさない位のごく小さな圧力でも、…

普通ならば骨折は起こさない位のごく小さな圧力でも、骨の狭いエリアだけに幾度も繰り返し切れ目なく力が加わると、骨折することがあるので気を付けなければいけません。

もしも検査で実際にエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(そうはつへいけい・POF)と判明した場合、その女性ホルモンを補填してあげる処置などで緩和が期待できます。

エイズウイルス、つまりHIVを含んだ血液や精液のほか、腟分泌液や母乳等のあらゆる体液が、看病する人などの傷口や粘膜部分等に触れると、HIVに感染する可能性が大きくなります。

虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の幅が狭くなってしまって、血液の流れが停止し、酸素や様々な栄養が心筋まで送られず、ほとんどの筋繊維が機能しなくなる大変重い病気です。

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な施術としては大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術」という2種類の技法が標準的に使用されています。

ハーバード医大(HMS)の調べによれば、通常のコーヒーと比較して1日2杯以上はデカフェのコーヒーに変えることで、あの直腸がんの危険性を5割以上も減少させたという。

脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調節や痛みの防御、分泌物質の覚醒などを操っており、単極性気分障害に罹患している方ではその働きが弱いことが科学的に判明している。

季節性インフルエンザのワクチンでは、今日までの膨大な研究結果により、予防の効能が見込まれるのは、注射した日の約14日後から約5カ月間ほどということが分かっています。

チェルノブイリ原子力発電所事故の被害者の追跡調査のデータをみると、成人と比較して若い子どものほうが風に流されてきた放射能の害をよく受容することが判明しています。

お薬、アルコール、化学的な食品の添加物などを特殊な酵素によって分解し、無毒化する活動を解毒と称しており、肝臓が果たす最も大切な職務の一つなのです。

物を食べるという行動は、食べようと考えた物をなんとなく口に入れて数十回噛んで飲み下すだけだが、そのあと身体はまことに健気に動いて異物を人体に取り込むように励んでいるのだ。

体脂肪量(somatic fat volume)には変動が無いのに、体重が食事・飲酒や排尿等により一時的に増減するようなケースでは、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減ったら体脂肪率が高まります。

折り目正しい穏やかな暮らし、腹八分目を心がけること、楽しい体操等、古臭いとも言える健康に対する取り組みが皮ふのアンチエイジングにも活用されるといえます。

コンサートやライブなどの施設や踊るための広場などに置かれている大音量スピーカーの隣で大音量を聞いて難聴になる症状を「急性音響外傷」と呼ぶのです。

素人が外から見ただけでは骨が折れているのかどうか自信がない場合は、違和感の残る部分にある骨を弱い力で触ってみてください。もしその部分に激しい痛みを感じたら恐らく骨折だと思われます。