3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutath…

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を衰退させたり変異を誘引する有害な物質を身体の内側で解毒し、肝臓の働きをより強める働きが明らかになっているのです。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、4日前後処方薬を飲めば、押しなべて多くの患者さんの自覚症状は治まりますが、かといって食道の粘膜の腫れや発赤などの炎症が引いたとは断言できないので注意が必要です。

薄暗い所だと光不足でものが見えづらくなりますが、更に瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせるのに多くのエネルギーが必要になってしまい、日の差す場所で物を眺めるより疲れやすくなるのです。

学校や幼稚園など大規模な集団生活をしている中で、花粉症の症状のせいで友達と同様に外で明るく動けないのは、子どもにとって残念なことです。

「とにかく多忙だ」「わずらわしいいろんな付き合いが多すぎる」「あらゆるテクノロジーや情報の著しい進歩に付いていくのが大変だ」など、ストレスを感じやすい誘因は一人一人異なります。

トコトリエノールの機能は酸化を遅らせる作用が殊に認識されてはいますが、その他に肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生産を抑えるということが知られています。

肝臓を元気な状態にキープするためには、肝臓の毒素を分解する作用が衰退しないようにする、つまり、肝臓のアンチエイジング術を迅速に実行することが有効です。

人の耳の構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分類できますが、この中耳のところに様々なばい菌やウィルスなどがうつることで炎症になったり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼びます。

杉花粉が飛ぶ春に、まだ小さな子どもが平熱なのにクシャミや水っ洟が止む気配をみせない具合なら、杉花粉症の可能性が高いといえます。

昨今、若い世代で結核菌(けっかくきん)に対抗できる免疫力(抵抗力)の無い人たちが増えたことや、早合点のせいで診断が遅れることによる集団感染(アウトブレイク)・院内感染の発生頻度が高いようです。

歳を重ねることに縁る耳の遠さではちょっとずつ聴力が落ちていくものの、普通は60歳過ぎまでは聴力の老化をあまり自認できません。

一見すると「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「排除しなければいけない」ものと捉えがちですが、実を言えば、私たち人は日々ストレスを感知しているからこそ、生活していくことができています。

エイズウイルス、すなわちHIVを含んでいる精液や血液、女性の母乳や腟分泌液等のあらゆる体液が、乳飲み子などの粘膜や傷口などに触れることで、HIVに感染する可能性が高くなります。

軽い捻挫と決めつけてしまい、湿布を貼って包帯やテーピングなどで動かないように固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置を済ませたらすぐ整形外科を受診することが、結局は完治への近道になるでしょう。

アメリカやヨーロッパ諸国では、新しく開発された薬の特許が切れてから30日後には、市場のおよそ80%がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に替わるクスリもある位、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は地球上で知られているという現実があります。