「肝機能の衰退」については、血液検査項目のAST(…

「肝機能の衰退」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(ガンマGTP)等3種類の数値でモニターできますが、ここ最近では肝機能が落ちている人が徐々に増加傾向にあるとされています。

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もしていなくても燃えてしまうエネルギーのことを指していて、大部分を体中の骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・脳の3種類で消費していると考えられています。

トコトリエノールの効果としては酸化を防ぐ効果が一際認知されていますが、この他にも肌を美しくする効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりすることが認められています。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことやスモーキング・アルコールの常飲・肥満症等の生活習慣の質が低下したこと、ストレス等により、殊更日本人に増えつつある疾患だといえます。

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、4日前後きちんと薬を飲めば、原則として8割~9割の人の自覚症状はゼロになりますが、とはいえ食道の粘膜の炎症そのものが引いたわけではないようです。

常時ゴロンと横向きになってテレビを見つめていたり、頬に頬杖をついたり、踵の高い靴などを毎日履いたりといった習慣的なことは身体の左右のバランスを悪くしてしまう元凶になります。

毎日の規則正しい日常生活の継続、腹八分目を志すこと、持続可能な運動やスポーツ等、古臭いともいえる体への気配りが皮ふのアンチエイジングにも関係しているといえます。

脳卒中のくも膜下出血はほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管にできた不要なコブが裂けてしまう事が原因となって起こる命にかかわる深刻な病気だと認識されています。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)にある血糖値を左右するβ細胞が壊されてしまうことにより、結果として膵臓からインスリンが血糖値を正常に保てるほどは出なくなり発症に至るという種類の糖尿病です。

杉の花粉が飛ぶ1月~4月の間に、幼い子どもが体温は普通なのにくしゃみを連発したりずっと鼻水が止む気配をみせない状態なら、残念ながら杉花粉症の恐れがあるかもしれません。

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、身体のなかの脂肪が占有する度合いで、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(キロ)÷体重(キログラム)×100」という数式で分かります。

昨今、比較的若い世代で感染症である結核に抗える抵抗力、即ち免疫力の無い人たちの割合が高いことや、自己判断のせいで受診が遅れることによる集団感染及び院内感染の発生頻度が高くなっているようです。

塩分と脂肪の大量摂取はやめて続けられる運動に励むだけでなく、ストレスを感じすぎないような日常生活を続けることが狭心症を誘引する動脈硬化を事前に予防する方法です。

複雑骨折したことによりひどく出血した場合、急激に血圧が下がって、めまいやふらつき、冷や汗、吐き気、座っていても起こる失神などの脳貧血が見られることがよくあります。

ヘルニアというものは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の間にある緩衝材のような役目をしている椎間板という名の柔らかくて円い形をした組織がはみ出てしまった様子を表しています。