アトピー因子:家族歴・次の既往歴(気管支喘息、アレ…

アトピー因子:家族歴・次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)の内一種、または2つ以上)、IgE 抗体を生産しやすい原因、など。

例えば…今、このサイトを眺めながら頬杖をついていたりしませんか?実はこの姿勢は手のひらからの圧力をめいっぱいダイレクトに頬へ当てて、繊細な肌に負荷をかけてしまうことにつながるのです。

軟部組織マニプレーションというものは近辺の筋肉や骨が誘因で位置が不安定になった臓器をもともと収まるべき場所に戻して内臓の機能を向上させるという治療法なのです。

メイクアップの長所:自分の顔立ちをちょっとだけ好きになれること。顔の面皰・クスミ・毛穴・そばかす・傷跡等を隠すことができる。一歩一歩キレイになっていくという面白さ。

メイクの短所:涙が出た時にまさに修羅のような怖い顔になってしまう。ほんのちょっと間違えただけなのに下品になって地雷を踏んでしまう。顔立ちをごまかすのには限界をかんじるという点。

身体中に張り巡らされているリンパ管と並行するようにして移動する血の循環が遅くなると、人体に欠かせない栄養や酸素が隅々まで届きにくくなり、結果として余分な脂肪を多く蓄積させる元凶となります。

今人気の頭皮ケアは通称スカルプケア(scalp care)とも言われるお手入れ方法です。頭皮(スカルプ)は毛髪の悩みの代表である抜け毛やうす毛などに非常に大きく関わっていると同時に、フェイスラインの崩れやたるみなどにも悪影響をもたらします。

加齢印象を高めてしまう最も重要な素因のひとつが、歯の”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の表層には、見えないくらい小さな凹凸があり、日々の暮らしの中で黄色い着色や煙草の脂などの汚れが溜まっていきます。

むくみの理由は多く考えられますが、季節の関連性もあるって知っていますか。気温が上がりたくさん水を飲み、汗をかく、夏に浮腫みになる原因が内在しています。

内臓の健康具合を数値で測ってくれる嬉しい機械があります。『ノイロメーター』と名付けられている機械で、人の自律神経の状態を調べて、内臓の具合を確認できるという便利なものです。

アトピーの要因:家族の病歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(atopic dermatitis)のうち何れか、若しくは2つ以上)、IgE 抗体を作りやすい誘因、等。

美容とは、顔の化粧、整髪、服飾などの手段で容貌を更に美しくするために手を加えることを言う。なおかつ、江戸時代には化粧(けわい)と同義の言葉として使われていたらしい。

思春期ではないのに発症する、治りにくい“大人のニキビ”が多くなっている。10年以上こういった大人のニキビに悩まされてきた人達が当院を訪れている。

元来ヒアルロン酸は人の細胞と細胞の間に多数含まれ、水分を蓄えたりクッション材のような役目をして大切な細胞を守っていますが、年齢にともなって体内のヒアルロン酸は日々減少していきます。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、身体に損傷を被ってしまった人の理学療法のリハビリテーションと同様、顔などの容貌にダメージを負った人が新たな社会生活を送るために備える手技という意味が込められています。