美容外科(Cosmetic Surgery)という…

美容外科(Cosmetic Surgery)というのは、人間の体の機能上の欠損や変形部の矯正よりも、専ら美意識に従って人間の身体の外見の改善を重視するという医学の一種であり、自立している標榜科だ。

日本の医療全般がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)重視の傾向にあり、経済の発達と医療市場の拡大もあって、美容外科(Cosmetic Surgery)は最近人気のある医療分野なのだ。

指で押しても戻る皮ふのハリ。これを作り出しているのは、あのコラーゲン、すなわちタンパク質です。スプリング役のコラーゲンが確実に肌を持ち上げていれば、たるみとは無縁というわけです。

今を生きる私たちは、一日毎に体に溜まっていくという悪い毒を、色んなデトックス法を使って外に出し、藁にも縋る想いで健康体を手中に収めようと必死になっている。

アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー症状と関わっているものの中でもお肌の慢性的な炎症(痒み等)を認めるもので皮膚過敏症の一つだ。

歯の美容ケアが必須と思う女性は確かに増えているが、実際にやっている人はそんなに多くはない。その理由としてもっとも多いのが、「自分一人ではどのように手入れしたらよいかいまいち分からないから」という思いらしい。

たとえば…あなたは今、PCを見ながら頬杖をついているとします。実はこのクセは掌の圧力をダイレクトに頬へ伝えて、お肌に対して大きな負担をかけることになります。

患者はそれぞれ一人一人お肌の性質は違いますし、先天性のドライ肌なのか、それとも生活習慣など後天的なものによる乾燥肌なのかに応じて対応方法が大きく異なってきますので、想像以上に注意を要するのです。

湿疹などに悩まされるアトピー性皮膚炎の主因としては、1.腸内や表皮、肺や口腔内などにおけるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な原因、3.栄養面でのトラブル、4.環境面での原因、5.1~4以外の見方などを列挙できる。

ここ10年で一気に浸透したネイルケアとは、爪や指先のお手入れ全般を指す。ヘルスケア、美容、巻き爪対策など医学的な処置、生活の質の保全というような多種多様な捉え方が存在し、既にネイルケアは一つの確立された分野と言っても過言ではない。

多くの人々が「デトックス」の虜になってしまう理由の一つに挙げられるのは、私たちが暮らしている環境が汚れていることにある。大気や土壌は化学物質で汚染され、野菜や果物などの食物には作用の強い化学肥料や農薬が多くかけられていると喧伝されている。

内臓矯正というものは近くの筋肉や骨が原因で位置が合っていない臓器を本来あった場所に返して臓器の機能を元通りにするという治療法です。

硬直した状況下では血行が良くなるはずがありません。挙句、目の下等顔中の筋繊維の力が衰えてしまいます。そこで顔中の筋繊維も十分にストレッチをして時折緊張をほぐしてあげることが大事です。

皮膚のターンオーバーが滞ってしまうと、色々なお肌の老化現象や肌トラブルが出現するようになります。ほうれい線などのしわ・濃くなるシミ・顔色の冴えないくすみ・隈・弛み・嫌な吹き出物・突っ張るような乾燥など、言い出せばキリがないほど大変なことになります。

デトックスという言葉そのものはそんなに目新しくはないが、結局は「健康法」や「代替医療」のひとつとして考えていて、医師が施す治療行為とは異なるということを把握している人は意外と