ポリフェノール最大の特長は水溶性のビタミンCやトコ…

ポリフェノール最大の特長は水溶性のビタミンCやトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、更に細胞膜でも酸化を遅れさせる作用をいかんなく発揮するのです。

吐血と喀血、両方とも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血の方は咽頭から肺に続く気道(呼吸器のひとつ)からの出血のことで、吐血というものは十二指腸より上にある消化管から出血する病状を表しているのです。

悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、通常ならば人の身体をガンから護る働きを持つ物質を作り出すための型である遺伝子の異常が原因で発症してしまうと言われています。

脚気(beriberi)の症状は、主に手や足が無感覚になったり脚の著しい浮腫などが代表的で、進行すると、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを誘発することがあります。

肥満というのは勿論あくまで摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足が誘因ですが、同じボリュームの食事だったとしても、あっというまに終了する「早食い」を続けたならば体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。

トコトリエノールの効果としては酸化を防ぐ作用が一番有名ではありますが、この他に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの産生を抑えることが認められています。

うつ病は脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、気分の落ち込み、不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の様々な症状が見られるのです。

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では大体「大動脈バルーンパンピング法」に加えてグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植手術」の両方の術式が熱心に導入されています。

WHO(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-A波のデタラメな浴び過ぎは皮ふ病をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使う行為の禁止を強く世界中に求めています。

「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、体内における脂肪の付いている率のことを言い、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量÷体重(body weight、キログラム)×100」という計算によって算出することができます。

日本における結核対策は、長年、1951年に施行された「結核予防法」に従う形で進められてきましたが、56年後の2007年から多くの感染症と一まとめにして「感染症新法」に準拠して行われる運びとなりました。

グラスファイバー製ギプスは、非常に強靭で軽いのにとても持ちが良く、水に濡れてしまってもふやけないというメリットがあるため、いまの日本のギプスの中でも主流でしょう。

ともすると「ストレス」は、「溜めないようにするもの」「排除しなければいけない」と敬遠しがちですが、実際は、我々は様々な場面でストレスを感知するからこそ、生活することができています。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、3~4日くらいちゃんとお薬を飲めば、普通、90%近くの患者さんの自覚症状は無くなりますが、食道の粘膜の炎症反応自体が癒えたとは断定できないのです。

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森の杉やヒノキ、ブタクサなどの草木の花粉が素因となって、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などの色々なアレルギー症状を起こしてしまう病気として日本人に定着しています。