急性中耳炎(Acute otitis media)…

急性中耳炎(Acute otitis media)は、一番多い中耳炎で小さな子供によく発症する病気です。激しい耳痛や38℃台の発熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などのいろいろな症状がみられます。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎは皮膚の病気を招くとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で日サロを利用することの禁止を先進国に求めている最中です。

BMI(体格指数)の計算式はどの国でも同じですが、BMI値の評価基準は国によってそれぞれ異なっていて、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI値22を標準体重とし、25以上を肥満、BMI18.5未満の場合は低体重としているのです。

天然の化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている化学物質が、肝臓に存在している解毒酵素の順調な製造活動を促進しているかもしれないという新たな可能性が明らかになってきました。

気分障害のうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りず、不眠、強い憂うつ感、著しい疲労感、食欲の低下、焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の症状が現れ、2週間以上続きます。

高血圧(hypertension)が長期間続くと、血管に強い負担がのしかかり、身体中の色々な場所の血管に障害が発生して、合併症になってしまう見込が高まるのです。

肝臓を健康な状態にキープし続けるためには、肝臓の有害物質を分解する作用が衰えないようにすること、分かりやすく言うと、肝臓の老化を食い止める対策をおこなうことが効果的だと言われています。

脳内のセロトニン神経は、自律神経を調節したり痛みを鎮圧し、分泌物質の覚醒などをコントロールしており、気分障害(うつ病)の患者ではその働きが低減していることが判明している。

肥満の状態というのは当然摂取する食物の種類や運動不足などが素因ですが、量の変わらない食事をとっていても、慌てて食べ終わる早食いをすることにより肥満(obesity)の状態を招く可能性があります。

体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に役立つ糖質、細胞の生まれ変わりに必須のタンパク質など、過度のダイエットではこれらのように様々な活動を維持するために外すことができない要素までも乏しい状態にする。

HMSの調査結果によれば、一般的なコーヒーと比較して1日2杯よりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーに変えることで、直腸ガン発症率を半分も減らせたとのことだ。

下腹部の激しい痛みを主訴とした疾患には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気などが真っ先にみられます。

クモ膜下出血(SAH)とはその8割以上が脳動脈瘤と呼ばれる脳の血管のコブが破裂してしまう事が要因となってなってしまう致死率の高い病気なのです。

暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、人間関係などのストレス、高齢化など多様な素因が合わさると、インスリン分泌が鈍化したり、働きが鈍化したりして生活習慣病に属する2型糖尿病に罹患することになります。

平成17年2月より新たに全ての特定保健用食品の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった日本語の文章のプリントが食品メーカーの義務となった。