人の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(m…

人の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」に区別されますが、中耳の辺りに黴菌やウィルスが付着して炎症が誘発されたり、体液が溜まる病を中耳炎と称しています。

チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果によると、体の大きな成人よりも体の小さい未成年のほうが風に流されてきた放射能の害を受容しやすくなっていることが分かるのです。

筋緊張性頭痛はデスクワークなどでの肩凝り、首のこりから起こる患者数が多い慢性頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような強い頭痛」「頭が重苦しいような鈍い痛さ」と言い表されています。

インキンタムシというのは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と言い、かびの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、臀部などに何らかの理由でうつってしまい、寄生してしまう病気の事であり水虫のことなのです。

ものを食べるという行為は、食べようと考えた物をなんとなく口に入れたら数回咀嚼して嚥下するだけだが、それから人体はまことに健気に働き続けて食物を人体に取り込むように努めているのだ。

30才から39才までの間に更年期になったとしたら、医学的な用語で表現すると「早発閉経(POF)」という病気にあてはまります(日本の場合は40才以下の女の人が閉経してしまう状態をPOFと言います)。

毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、今までの研究の成果によって、予防効果が見込めるのは、注射した日の2週後位からおよそ5カ月くらいと考えられているようです。

ヘルニアというものは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間で緩衝材みたいな役割を担っている椎間板という名称のやわらかい線維軟骨がはみ出てしまった症例を称しています。

「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のASTやALT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等の値によって判断できますが、ここ数年肝臓の機能が落ちている現代人の数が徐々に増加しているとされています。

体を維持するのに必要なエネルギーの源としてすぐに機能する糖分、細胞の生まれ変わりに必ず要るタンパク質など、激しいダイエットではこんな体を維持するために絶対に要る栄養素までも減らしてしまっている。

ミュージックライブの開催場所やダンスするための広場などに設けられた巨大なスピーカーのすぐ脇で大音量を聞き続けて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と言っています。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えてタバコを吸う事・酒類・隠れ肥満などの生活習慣の変化、ストレス等に縁って、ことさら日本人に増加している病気だといえます。

男性だけにある前立腺という臓器はその生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン)が密に関連しており、前立腺に現れてしまった癌も同様に、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の機能によって大きく成長します。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓の持つ解毒酵素の機能的な生産活動をサポートしているかもしれないという真実が見えてきたのです。

「とにかく時間がない」「上辺だけの色々な人間関係が苦手だ」「あらゆる先端技術や情報の高度な進化になかなか付いていけない」など、ストレスを感じやすい場面は一人一人違うようです。