「常に時間に追われている」「面倒くさい色々な人間関…

「常に時間に追われている」「面倒くさい色々な人間関係がすごく嫌だ」「テクノロジーや情報の進化に追いつくことで精一杯」など、ストレスが蓄積される誘因は人によって違います。

体を動かすのに必要なエネルギーとして瞬時に役立つ糖、細胞の生まれ変わりに必ず要るタンパク質など、激しいダイエットではこれらのような体調をキープするために外すことができない要素までも減少させてしまっている。

四六時中肘をついた横向きの状態でTVを見つめていたり、机の上で頬杖をついたり、踵の高い靴をいつも履くということは体の上下左右の均衡が悪くなる因子になります。

インキンタムシというのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、カビの一種の白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、臀部などの場所に感染し、定着した病気のことで即ち水虫です。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、人体の中の脂肪の蓄積しているパーセンテージのことを言い、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(キロ)÷体重(キロ)×100」という計算で把握できます。

吐血と喀血、いずれも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血は喉から肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器)からの出血であり、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上部の消化管から出血する症状のことを表しています。

バイキンやウィルスなどの病気を発生させる微生物が呼吸とともに肺に侵入し罹患してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を起こした有様を「肺炎」というのです。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、5日前後ちゃんとお薬を飲めば、大抵、8割~9割の人の自覚症状は去りますが、とはいえ食道粘膜のダメージや炎症が治癒したとは断言できないので注意が必要です。

めまいが現れず、苦痛を伴う耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを幾度も発症する症例のことを「蝸牛型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で呼ぶ場合もあるとのことです。

ポリフェノール最大の働きはL-アスコルビン酸やトコフェロールなどとは違っていて、細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、更に細胞膜でも酸化しにくくする作用があるのです。

音楽の公演の施設やダンスを踊るためのフロアなどに設置された特大スピーカーの真横で大きな音を聞き続けて耳が遠くなってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼んでいます。

亜鉛は、遺伝情報やタンパク質を合成させるために欠かせない様々な酵素や、細胞や組織などの代謝機能に関わる酵素など、200種類以上もの酵素の構成要素として外せないミネラル分です。

自分では折れているのかどうかよく分からない時は、負傷したところの骨を優しく触れてみてください。その箇所に激しい痛みが響けば骨折の可能性があります。

臓器である前立腺は成長や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)が大変深く関係していますが、前立腺に現れてしまったがんも同様、雄性ホルモン(男性ホルモン)の働きを受けて大きくなってしまいます。

体脂肪量は変動が見られず、体重が飲み食いや排尿などにより一時的に増減する際、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減った方は体脂肪率が高くなることがわかっています。