数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、大…

数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、大変丈夫で軽量で着け心地が良い上にとても持ちが良く、シャワーなどで濡れても使えるという特長があるので、現代のギプスのメインだと言えるでしょう。

軽傷の捻挫だろうと勝手に決め込んで、包帯やテーピングなどで一応患部を固定し、様子を窺うよりも、応急処置を施してからスピーディに整形外科医に診てもらうことが、結局は快癒への近道だといえるのです。

亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質の合成に関わる特殊な酵素や、細胞・組織の交替に深く関わる酵素など、約200種類以上存在する酵素を構築する物質として絶対に外せないミネラルの一種だといわれています。

鍼灸のハリを気になる所に刺す、というダイレクトな無数の刺激が、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという呼称のいわば電気信号伝達を誘発するのではないかという見解が一般的です。

汗疱状湿疹(汗疱)は手の平や足の裏、又は指と指の間などにプツプツとした細かな水疱が現れる症状で、通称あせもと言われており、足の裏に出来ると水虫と間違われることもあります。

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体の中の脂肪の占有するパーセンテージのことであり、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(キログラム)×100」という計算式によって表すことができます。

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、山の杉や檜、松、ブタクサなどの大量の花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状を発症させる病気として知られています。

吐血と喀血はいずれも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は喉から肺に達している気道から血が出る症状で、吐血の方は十二指腸より上部の消化管からの出血のことを表しているのです。

ハーバード大学医学校(HMS)の調べによれば、通常のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上はカフェインの取り除かれたコーヒーを飲めば、直腸ガン発症リスクを5割以上も減少させることができたのだ。

V.B6は、あのアミノ酸(Amino acid)をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーを活用するのに必要な重要な回路に取り込むために再び化学分解することを促進するという動きもあります。

耳鳴りには種類があって、当事者にしか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように当事者以外にも高品質なマイクロホンを利用すると感じられるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。

基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もせずに動かなくても燃焼する熱量のことであり、そのほとんどを身体中の骨格筋・臓器の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を必要とする脳が使っていると言われているようです。

気分障害のうつ病というのは副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、不眠、気分の落ち込み、強い倦怠感、食欲の低下、体重減少、焦り、意欲の低下、希死念慮、自殺企図などの様々な症状が心身に現れます。

クシャミ、鼻水、鼻詰まりに目の痒み・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の主な症状は、アレルギーの原因である花粉の飛散している量に追従するように酷くなってしまうという性質があるようです。

悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、普通ならばヒトの身体をがんから保護する役目をする物質を生成するための鋳型ともいえる遺伝子が異常をきたすことで罹患する病気だと言われています。